クレジットカードを現金化

クレジットカードの現金化とは?還元率って?気になる部分を徹底調査!

クレジットカードの現金化とは?

クレジットカードの現金化

クレジットカードの現金化とは、最近ではクレジットカードを買い取る、商品の転売といった危険で違法なものではなく、現金化する業者が指定するキャッシュバック付き商品をクレジットカードで購入したあとに、購入額に応じた還元率で現金をキャッシュバックするというものが増えています。

この方法はクレジットカードのショッピング枠を利用するため、キャッシングの年利よりも低金利でご利用いただける上、決済時に無利息の一括、分割払い、リボ払いをご選択いただけるなどのメリットがあります。また、すでにお持ちのクレジットカードを利用するため、現金化するに当たっての面倒な審査が一切必要ないのが特長です。しかし、現金化業者によっては初回利用時に本人確認を行うところもあるようです。こうした現金化業者の情報はまだクレジットカード 比較サイトでも掲載しているところは少ないようです。

この方法ならガソリン代を安くするために持っていたガソリンカードや、キャッシング枠のないクレジットカード一体型ETCカードでも現金化できるメリットがあります。しかし、キャッシングより低い金利とはいえ、現金化業者にいくらかお金を取られるわけですから、利用しないに越したことはありませn。

クレジットカード現金化の流れ

審査の比較図

実際の取引ですが、まずクレジットカードで現金化業者が指定する商品を購入し、その購入額の70〜90%程度が現金として指定した口座に振り込まれるという方法になります。実際の購入額に対し、現金化業者が振り込む金額との差額が業者の利益ということになります。現金化できる金額はカードのショッピング利用枠によって決まるので、ショッピング限度額の大きなゴールドカードなどの方が、多くの金額を現金化できることになります。

ジャパンネット銀行などネット専業銀行に口座を持っている場合は、即日で現金を口座に振り込んでくれる場合もあるようです。しかし、即日振込など、現金化までの期間が短いものは、その分、購入額に対する還元率が低くなるようです。いづれにせよ、クレジットカードのショッピング枠の満額が現金化できるわけではありませんから、急な現金が必要になることのないように、しっかり計画を立ててお金のやりくりをすることが大切です。